ケアマネジャーとは高齢者や障害者のために適切な介護が行われるように支援する職業です。ケアマネジャー、ケアマネという通称が一般的に有名ですが、介護支援専門員というのが正式名称です。ケアマネジャー(介護支援専門員)は平成12年に介護保険と同時に誕生した非常に新しい資格です。介護の資格にはホームヘルパー、看護であれば看護師・准看護師、リハビリの分野であれば作業療法士、理学療法士などの資格がありますが、ケアマネジャーの資格はそれらの職業とは一線を画しています。一般的にケアマネジャー自身が高齢者や障害者などの介護自体を行うことは極めてまれで(介護施設の規模や方針によって異なります)、ケアマネジャーはそれらの対象者がうける介護を管理する役割を担います。もしケアマネジャーの役割を他の職業に例えるとしたら、ソムリエのイメージがぴったりします。お客さんが出す大まかな要望に対して、最適なワイン(介護)を選択して提供する役目です。ケアマネジャー自体はワインは作りませんが、その貯蔵庫には良質な介護施設というワインがそろっていて、お客さんにピッタリな介護を提供するわけです。もちろんケアマネジャーにも介護の知識や技能もある程度のレベルが必要になるわけですが、介護を必要としている人に対して、その人の立場にたって最適な介護を選択することが重要な業務です。また、介護は提供してそれで終わりではなく結果に対する評価と改善提案など、マネジメント能力も必要になります。

ケアマネジャーの受験資格の概要と裏技

ケアマネジャーの受験資格は、上記のような介護に対する知識、技能のほか管理能力を必要とするため非常に厳しいものになっています。まず、まったく何も資格を持っていない場合は、介護の仕事(介護福祉施設等で介護職として働いていること)の実務経験が10年以上で従事日数が1800日以上必要になります。次に、一定の国家資格を取得している場合です。医師、看護師、准看護師、助産師、介護福祉士、栄養士などの資格を取得して、実務経験が5年以上で900日以上の従事日数があると受験資格を取得できます。また、ホームヘルパー、社会福祉主事の資格を取得し介護業務の実務経験が5年以上900日以上の従事日数でも同様に受験資格を得ることが出来ます。実務経験が実務経験は異なる職場であっても合算でき、正職員、アルバイトなどの就業形態は問われません。すでに何らかの資格を取得していても最短で5年間の実務経験は必要になるわけで、何の資格も持っていない場合はまず受験資格を得るために他の資格を取得する必要があります。従って大学新卒でケアマネジャーの資格を持っているような人はまずいないと思います。しかしこれから紹介するケアマネジャーの資格を最短で取得する裏技を使うと、大学在学中に資格を取得することも可能になります。介護業界は労働条件の悪化が問題視されていますが、マネジメント業務であるケアマネジャーであれば独立開業も可能なうえ、高齢化社会が進むこれからも有望な職業であるといえます。

ケアマネジャー受験資格の最短取得方法

それでは、ケアマネジャーの資格を最短で取得する裏技の紹介です。まずは受験資格に定められた実務経験はアルバイトでもボランティアでも構いません。しかも一日の勤務時間は問われないので、一日一時間のバイトでもオッケーです。つまり実務経験は学生の内にクリアすることができるのです。実務経験は一定の資格を取得した後に必要なので、先に資格の取得が必要ですが、ここでお勧めなのはホームヘルパー2級です。この資格は一ヶ月程の講習を受講すれば取得できるので、夏休みを活用したり土日講座、夜間講座などもあるので高校生でも簡単に取得することが出来てしまいます。資格を取得したらアルバイトかボランティアでとにかく実務経験を積むことです。学校によってはアルバイト禁止の校則もあるでしょうが、学業に差しさわりのない範囲でボランティアなども考慮して介護の経験を積みましょう。高校生の間は従事日数はあまり気にせず、あくまで在職期間を稼ぐためと割り切りましょう。従事日数は大学生になってからのアルバイトで稼ぎます。時間に余裕がある学生時代であれば一年間に200日位は軽くクリアーすることができるはずです。ケアマネジャーの試験は例年10月に実施されますので、それまでに実務経験の見込みがあれば受験資格となります。アルバイトと学業と試験勉強とやや忙しい学生生活になるかとは思いますが、しっかりと勉強をすれば、大学4年生でケアマネジャーに合格というのも夢ではありません。