薬剤師とはその名のとおり薬に関するエキスパートです。今まで一度も病院や薬局にお世話になったことが無い、という人は今の世の中ほとんどいないでしょう。薬剤師は、病院に処方された薬を受け取る薬局や、薬店(いわゆる薬屋さん)やドラッグストアに常駐しているので、たいていの人は薬剤師と何らかのかかわりを持っているということがいえます。このように生活に密着した薬剤師という職業は、薬の専門家であるのと同時に、健康に関する相談相手、アドバイザーでもあります。薬というものは本来健康を保ったり病気や怪我を治療するために使用されるものですが、用法や用量を間違えればかえって健康を害する結果になる効果を持っています。薬剤師はそのような薬を扱う重要な職業であるため、その業務は国家試験に合格し資格を取得していないと行うことができません。一部の例外はありますが、資格としては業務独占資格となっています。昔は、医者に診察を受けるとその診察を受けた医院(診療所)で薬をもらうのが普通だったが、近年では医薬分業が進んだ結果、薬剤師の役割は大きなものとなっている。現在の日本の一般的な診療所(クリニック、医院等)であれば至近距離に薬局が開業しているという極めて不自然な形態となっているが、薬剤の過剰な処方をチェックする(院内処方は患者にとっては便利だが、同一経営主体の為チェックは甘くなりがちである)という意味では十分に意義があり、医療分野における薬剤師が果たす役目は大きいといえます。

薬剤師の国家試験の受験資格

薬のエキスパートである薬剤師の資格を取得するには、国家試験に合格することが必要ですが、受験資格を得るための条件が改正されていますのでここで簡単に解説します。従来は4年制の薬科大学または総合大学の薬学部等を卒業することによって国家試験の受験資格を得ることができましたが、この条件が適用されるのは平成17年度入学生までとなりました。平成18年度からは基本的に6年生課程を卒業することが条件となり、経過措置として平成18年度から平成29年度までに4年制課程に入学したものは修士又は博士課程に進学し6年制課程に相当する単位を全て履修し修了することで受験資格をえることができます。要するに、これから国内で薬剤師を目指すのであれば最低でも6年間は薬学課程で勉強し、国家試験に合格することが必要となるわけです。薬科大学と総合大学の薬学部を選択する場合には実習の内容や就職時の待遇が異なってきます。具体的に言うと、付属病院が併設されている医療系の大学に入学すると当然薬剤師としての実習も付属病院で行われるため、実習のカリキュラムが安定している、移動などの負担が少ないほか、病院勤務の薬剤師としての求人があることも見逃せません。また総合大学で修士、博士課程を修了して企業に就職した場合、学歴面で給与や待遇に格差が生じることがあります。製薬会社等に就職する場合のみならず、薬剤師という資格を離れて一般企業に転職する際にも学歴面で差がつくことは考慮しておいたほうが良いでしょう。

薬剤師の合格発表と就職の情報

薬剤師の国家試験は一般の資格試験よりは高い合格率となっていますが、これは薬学課程に入学すること自体競争率が高いためです。在籍した大学によっては合格率に格差もありますので、自身の学力をよく把握して受験に望むことが必要です。また、6年間の学習が必要なので、当然学費が安い国公立は受験の競争率が高くなる傾向がありますので、経済状況も考慮する必要があります。特に、一般の大学と異なり実習時間が占める割合はきわめて高く、アルバイトなどで生計を立てるには時間的余裕が少ないことも注意が必要です。薬剤師の国家試験は例年3月上旬の二日間で行われ、試験形式は全問筆記試験で実技試験は有りません。合格率は70パーセントから80パーセント台を推移しています。合格発表は4月上旬となっているので、当然新規卒業の受験生であればその頃には就職している時期となるので薬剤師として採用が決まっているのならば何としても合格する必要があります。就職先によっては正職員としての採用条件に試験の合格が含まれている場合もあるので、一生を左右する試験と言っても過言ではありません。合格基準は一定の点数を正解すれば良いの方式なので、まじめに受験対策を行っていれば問題なく合格できるはずです。薬剤師の就職先は、総合病院でチーム医療の一員となることも珍しく無いほか、診療所などの医療機関、薬局薬店、製薬企業等があります。大型の調剤薬局では薬剤師が不足がちなので、選り好みをしなければ就職は難しくないようです。